2019.08.02源庫

逢いことばのセッション ~“本当の自分”に出逢う

様々な人が逢いことばにやってくる。様々な悩み、知りたいことを携えて。
そして、それぞれに自分の抱える状況からの突破口や、前に進むヒントを手にして帰っていく。

お店にいらした方の話を伺い、タロットや手相、フラワー心理カードで、その人の置かれた状況や、生まれ持った気質を読み解き、今後の流れや、大切な点として表れてきたことをお伝えする。その中には、役立つ情報があったり、勇気づけられる言葉があったり、発見を促すメッセージがあったりするから、お客さんは、安らぎを得たり、元気になったりする。
一方で、「どうしてそんなことわかるんですか?」「当たってる!」「占いってすごいですね」「フラワーエッセンスって素敵!」と驚いたり、感動したりする方もいる。



確かに、占いにも、フラワーエッセンスにも、それを扱う我々自身、驚くような深みや神秘がある。しかし、本当にすごいのは、いらっしゃる方、一人一人の潜在的な意識の力、“本当の自分”の力だ。
人は、自分自身が何者なのか、本当は何を求めているのか、苦しい本当の理由は何なのか、深いところではわかっている。それは、思考や感情よりもっともっと深い、その人の本来の質や存在そのもの、生命そのものに根ざしたところ。“本当の自分”だ。しかし、人は通常、様々な思考や感情で頭も心もいっぱいに覆われているので、なかなかその“本当の自分”に気づけない。
そして、状況や他人に対し、どう働きかければよいのか、いろいろ考えて策を練るが、その場を何とかしのいでも、始まるものは始まり、変わるものは変わり、終わるものは終わる。なかなか思い通りにいくものではない。
起きていること、考えていること、感じていることの核心にある“本当の自分”に気づき、それをいきいきと生かすことに目を向けない限り、場所や人や状況は変われど、本質的に同じように悩み、同じような不満を抱えて生きていくことになる。

「彼氏とうまくいくにはどうすればいいのか」
「転職していいものか」「会社をどう経営していけばよいのか」
「子供とどう接すればいいのか」「ペットをうまくしつけられない」
「あの人の気持ちが知りたい」「これから先、いい恋愛ができるのか」

入口は何でもいい。どれも、今、その人にとって切実な悩みだ。逢いことばのカウンセリングでも、もちろん、そういった今の状況や質問を受けて、タロットや心理カードを使って、お話をしていく。
が、大切なのはそれからだ。実に多くの方が、やりとりを進める中で、自分が本当は何を求めているのか、なぜ苦しいのか、その根っこにある部分に気づき、多くの場合、自分でもそのことを言葉にして、気づきを深めていく。現在の悩みの深い理由や本質を、はるか幼少時にまでさかのぼって見出すことも珍しくない。



タロットや手相は、相談に来られた方が、そんな自分自身の声にたどり着き、“本当の自分”を見つめるための、導火線や見取り図に過ぎない。フラワーエッセンスも、その人の“本当の自分”が自然に表現されていくのをサポートするだけで、実際に様々な気づきを得、人生に役立てていくのは、すべてその人に元々備わっている力だ。
目の前の「問題」を解決するためにいらした方が、“本当の自分”と出逢い、よりのびのび、いきいきと、自分らしく生きるきっかけを得るお手伝いができたら、これほど嬉しいことはない。

思えば、そもそも逢いことばにやってきて下さること自体、お客さん一人一人の“本当の自分”の導きによるものだと感じる。
「たまたま通りがかって…」「知り合いから話を聞いて…」「何だか看板に引きつけられて…」
店構えもシンプルで、宣伝らしい宣伝もほとんどしていないこの店に、ふらっとやってきて下さる方。電話やメールでコンタクトして下さる方。
来店のきっかけや理由は様々だが、深いところで働いているのは、“本当の自分”が引き寄せる縁の力。みんな、今この時期、このタイミングで、深いところで“本当の自分”が、「そろそろ気づいてよ!」と声を上げ、それに動かされて、この店にいらっしゃるのだろう。
そして、そんな風にしていらっしゃる方一人一人が、カウンセリングする我々にも、必ず何かしらの気づきや恵みをもたらしてくれる。
それもこれも、みんなの“本当の自分”が、自分らしい人生を存分に生きるため、深いところから互いに呼び合って生まれるご縁、本当にありがたい出逢いなのだ。